専門家に相談

【お墓・仏壇仏具】に関するご相談

不安なお気持ちは、皆同じです。
お墓のこと、仏事に関することなど、ご遺族さまの不安な気持ちをご相談下さい。

かしこいお仏壇の選び方 ~ご自分のライフスタイルに合わせてお選び下さい~

お仏壇を置き場所を決めましょう

かしこい仏壇の選び方イメージ

お仏壇を置く位置については、方角はあまり気にしなくてもよいと思いますが、北向きは、お避けになるのが一般的です。南向きや東向きに置くとよいともいわれます。
お仏壇を置かれる場所は、お部屋の状況により、皆様が手を合わせて合掌しやすいところに、置かれるのがよろしいかと思います。

最近は、お仏壇を身近に置きたいということで、リビングルームや茶の間に置かれる事が多い様です。リビングなどフローリングのお部屋ですと、現代調のモダンな形をしたお仏壇も多くなってきています。

畳のお茶の間などですと、ケヤキや屋久杉など明るい色目の伝統型のタイプが似合います。
あまり大きな仏壇を置かれるスペースが無い場合は、チェスト(タンス)やリビングボードなどの上に置く、上置型と呼ばれる小さめのタイプもあります。

お仏壇はどこにご安置したらよいのですか?

お仏壇をお選びになる際に、一番大事な点は先ず、置き場所をお決めになる事だと思います。
リビングに置くのか、畳のお部屋の茶の間に置くのか。
リビングボードやチェストの上に置くのか。
置き場所によって、お仏壇の選択基準が大きく違ってきます。

  • 床の間や押入れ、押入れの上半分、チェスト(整理タンス)やリビングボード・サイドボードの上に置くのも構いません。
  • お仏壇は、木製の工芸品ですので、直射日光の当たる所や湿気の多い所、冷暖房の風が直接あたる場所はお避け下さい。
  • お仏壇の扉は、観音開きで両側に開きますので、本体の寸法に10cmから20cmくらいの余裕をみて下さい。
  • 神棚の下に置かれるのは良いですが、神棚と相向かいに置くのはよくないとされています。

お部屋との調和も大事です

お部屋に置いたときに、お部屋とよく調和することも大事です。
フローリングや和室に置いたときに、壁面の素材や色調、周りの家具等との相性にご注意していただくと 良いと思います。
あまり広くないお部屋に置かれる場合は、背の高いお仏壇ですと圧迫感を感じます。

ケヤキや栓、屋久杉など明るめの素材のほうが、お部屋との調和をとりやすいとも言えますが、紫檀や黒檀などの素材のお仏壇は重厚さがあります。

お仏壇は家族の絆を支える大事なもの。
これからずっと永く手を合わせて身近に置くものですから、皆様でご納得のいただけたものをお選び下さい。

お仏壇にはどんな種類がありますか?

伝統的な形をしたお仏壇 ━ご宗派による違いはありません━
床や畳に直接置くお仏壇
ご家庭で最も多く使われている和の心を大事にしたタイプです。100cmから173cm位の高さがあり、一般的には座ってお参りします。
お仏壇と言えば、このタイプを指すなど種類的にも最も数多くあります。
お部屋に作り付けの地袋などに置くお仏壇
お部屋に作り付けの地袋などの上に置くタイプです。100cmから130cm位の高さがあります。
地袋付の家が少なくなっていることもあり、種類的には少なくなっています。
リビングボードやチェストなどの上に置く小型のお仏壇
高さが40cmから90cm弱位で、横幅や奥行も小さくなっています。
リビングボードやチェスト、押入れの上半分のスペースに置くことが多いタイプです。
おしゃれでモダンなお仏壇 ━ご宗派による違いはありません━

現代のライフスタイル、暮らしのスペースにマッチした新しい感覚のお仏壇です。
シンプルなデザインとナチュラルな素材を生かした新しい感性の「祈りの場」です。
価格帯もお安いお手頃のものから、手作りの最高級品まであります。

フローリングの床やカーペットの上に直接置く、モダンなお仏壇
スッキリしたデザインや高級家具に使用される「ウオールナット」や「ナラ」などの素材が使われるているので、和室より洋間によく調和します。
お仏壇の下台の高さが高いので、立って手を合わせたり、イスやスツールに腰掛けてお参りもできます。
リビングボードやチェストなどの上に置くコンパクトでモダンなお仏壇
スッキリとしたデザインで、素材的にも明るいものが多く、ダイニングやチェストの上にさりげなく置くのによくコーデイネートします。

お仏壇を求めるのは、いつがよいのですか?

お仏壇を求めるのに、良い時期、良くない時期はありません。手を合わせることの方が大事とも言えます。
ご不幸があった場合は、四十九日の法要までにお求めになる場合が多いと思います。
お彼岸やお盆、年回忌、家のご新築などの節目にお求めになる方もあります。

お仏壇はどこにご安置したらよいのですか?

お仏壇を置く場所については、方角はあまり気にしなくてもよいと思いますが、北向きは、お避けになるのが一般的です。

  • 床の間や押入れ、押入れの上半分、チェスト(整理タンス)やリビングボード・サイドボードの上に置くのも構いません。
  • お仏壇は、木製の工芸品ですので、直射日光の当たる所や湿気の多い所、冷暖房の風が直接あたる場所はお避け下さい。
  • お仏壇の扉は、観音開きで両側に開きますので、本体の寸法に10cmから15cmくらいの余裕をみて下さい。
  • 神棚の下に置かれるのは良いですが、神棚と相向かいに置くのはよくないとされています。

お位牌はお仏壇のどこに置いたらよいのですか?

お仏壇のいちばん上の段の中央には、ご本尊様(ご宗派によって異なります)をお祀りして、お位牌はお仏像の下の段、もしくはお仏像の脇にご安置します。
向かって右側が上座になりますので、お位牌が一つの場合は右側に置き、複数以上の場合にはご先祖様、年代の先の方から右にご安置します。
お仏像とお位牌を同じ段に置かれるときは、ご本尊より背の高さを低くします。

おはかについて

より良いお墓を作るために

お墓について

お墓つくりは一生に一度あるかないかの高価で大事なお買いものですので、安心・納得できるまで、家族や墓石店さんとご相談して頂くことをおすすめします。
墓石店さんには、家族の皆様のご要望や事情をお話して、疑問の点などは積極的に質問してみて下さい。

パソコンを使った立体的な図面の提案をしてもらい、お客様のご希望に沿った設計になっているか確認してみるのも大事なことと思います。
店舗で実際の墓石の形や、石見本を見たり、墓石店さんがこれまでに建立したお墓を実際に見せてもらうのも良いと思います。
デザインや石の状態など参考になると思います。見積書の詳細をチェックしていただくのも大事な点です。

お墓は家族の絆を子や孫に伝えていく大事なものです。
安心・納得できるまでご相談してみて下さい。

  • 石種のこと
  • デザインのこと
  • 工事内容のこと
  • お値段のこと
  • 建立後の保証のこと
  • 5年後、十年後のアフターフォローのこと
  • 納骨の際のお手伝いのこと

お墓のリフォームはどうですか?

ご家族にとって大切なお墓です。
ご先祖様の作ったお墓をリフォームして、気持ちよくお参りしやすくする方法もあります。

  • ご先祖様の作った墓石を残したい
  • 入口を広く、バリアフリー対応にして、おじいちゃん、おばあちゃんがお参りしやすくしたい
  • 故郷にお墓があることを大切にした
  • 花立や香炉を交換して新しくしたい
  • 外柵が風化して、破損してきた

リフォームのご提案・お見積りをお気軽にお問い合わせください。

お仏壇やお位牌、お墓などの疑問やお知りになりたいこと、何でも「むさしの」 または 「仏壇・墓石のふたきや」にお気軽にご相談下さい。

専門家紹介

葬儀社

株式会社 むさしの

仏壇・仏具 / 墓石

株式会社 ふたきや

ページTOPへ